ラップ教則本

「ジブラの日本語ラップメソッド」Zeebra
楽器は色々と教則本を読んでますが、ラップに関しても読んでみようかと思い読んでみました。自分は、ギターも歌詞も完全に自己流でやってますが、まとめられている文章を読むと実務から入って資格をとるような感覚といいますか、理解のしやすさがありました。
10年前の自作曲に比べると最近は、韻を意識するように変わった気がします。いつのまにかギタリストだけでなくラッパーにもそこそこ詳しくなっていました。ボカロをやっていなかったらこの変化はなかっただろうな。自分は、好きなアーティストの音楽性が変わってしまって興味がなくなったりすることがあるのですが、自分の曲もそう思われているかもしれませんね。まあ10年も聴き続けてくれている人はいないでしょうが。