真保裕一の「奪取」と言う作品を読んだ。最近本を読んでも小説はあまり読んでいなかったのでハラハラして読むのが辛くなるという感覚は久しぶりに味わった。とりあえず他の作品も色々読んでみよう。