弦交換

弦を新しくした。新しい弦だとやはりテンションと滑りが段違い。要はテクニカルなフレーズが弾きやすい。あとコードストロークが楽しい。

ヘッドホン

モニターヘッドホンとしてSONYのMDR-CD900ST使ってるんですが、イヤーパッドがボロボロになっていたので交換しました。この部分だけ売ってるんですね。ここ数年、スピーカーだけでミックスしてたのですが、やはりヘッドホン使った方が細かい音が聴こえます。

MMD

「オシハイ」の動画は、MMD(MikuMikuDance)を使ってみました。MMDは、「超自然に生きるアタシ」以来です。とはいえ、前回は、静止画なので使ったとはいいがたいかもしれませんね。
やはり難しくて表情とかカメラを少し変更したぐらいでほとんどモーション流し込みに近い状態になってしまいました。
ちなみにメインの動きは、BPM Sync VMD Generatorというソフトで作りました。AviUtlもそうですが、MMDもこういったソフトやモーションが色々公開されているのが、助かります。
実際に操作してみると上手い方は、レベルが違いすぎることがよく分かりました。ダンスとかドラマのような動画もありますが、どれだけ根気がいるのだろう。最近は、映像がとてもきれいでMMDと言われなければ、家庭用ゲームの一部分かと思ってしまうようなものもありますね。
素人でも少し触るだけでキャラを動かせる動画が作れてしまうこのソフトとこの時代。恐ろしい。

オシハイ

今回は、7弦ギターで解放弦使ったリフが作りたいと思ってリフから構築しました。なので少しでもリフが耳に残ってもらえると嬉しいです。

と、いつも演奏やら楽器の話ばかりなのでたまには歌詞の話でも。
歌詞は、犯罪自慢のようなものを主体にインターネット界隈のあれこれって感じで作っています。
あと歌詞に縛りを設けていまして、今回は、「かける」という言葉で作ってみました。
具体的には、「欠ける」であったり「書ける」であったり。サビまで「かける」という言葉は出てこないのですが、使っている言葉で「かける」という言葉が連想できるようにしています。「わかるだろ?」とか「ただかけたいだけ」というのは、ある意味作者の気持ちがかかってたりして。
ちなみにタイトルもネット上で自分を大きく見せるある種のキャラ作りをお芝居に例えて
オシバイ→濁点が「欠ける」→オシハイ
という流れでつけました。

過去の作品でもそうでしたが、こういうのは、ほとんど伝わらないですよね。そもそも自分も含めて音楽を聞き流す機会が増えてきているこのご時世。どこまで聴いてもらえるのだろうか。でもある日ふと違った視点で聴けるって曲、いいですよね。目指したいものです。