貴志祐介

「新世界より」がアニメ化みたいですね。ミノシロモドキとかどんな感じのビジュアルになるんだろう。貴志祐介の作品を読んでて思うのは、コーヒーの描写が多いこと。パッと思いついただけでも「青の炎」も「天使の囀り」も「十三番目の人格 ISOLA」もコーヒー出てくるし、「黒い家」とか「硝子のハンマー」とか読むと特にコーヒーに拘りがあるような気がする。あとネタバレになるので具体的な作品名は書かないけど、「追われる」というシチュエーションがかなり多い気がする。でもその緊張感の表現が上手くて引き込まれるんですよね。ホラー要素もあるのでそういうの苦手な人は、読むの苦痛な作品あるかもしれないけど個人的にはあった方が好きだな。ちなみにネットなかったら貴志祐介本人の動画なんて見ることもなかったんだろうけど、便利な時代だわ。

サイドチェイン

4つ打ち系でサイドチェイン使ってると何か雰囲気が玄人っぽくなるな。楽器でジャズっぽいフレーズ弾くのと同じようなもんか。

絶対音感

耳コピとか苦手だし絶対音感とかないと思うんだけど、このテストやってみたらこんなかんじだった(絶対音感相対音感)。
満点が1000点とかだったらそれはそれで面白いけど。まあ、ある程度確信を持って選択肢選んだから似たような問題やっても同じような結果だろう。てか、これ楽器弾いてる人は何となく分かるレベルというか、たぶん簡単なんだと思う。ギターも初心者の頃ってピッチズレててもあまり分からないけど、ある程度弾いてるとすぐ分かるようになるし。ちなみにハイクラスってのはさっぱりです。

自己満足

曲が大体できた。この曲で初めてやった細かいことが色々あるんだけど、正直、そういうのって作者しか分からないうえに自己満足であることが多いんですよね。とりあえずもう少し修正していこうと思う。