どの楽器も「パッと聞いた感じ上手そうに見せる技」ってのがあると思うんだけど、とりあえずドラムは、32分のダブルストロークがそれに相当する気がする。

言語表現

このブログ書き始めた当初は、顔文字使ったり、いかにもネットって感じの文体で色々書こうと思ってたんだけど全く使ってないな。

小手先

ドラムをやってみてます。どうも自分は、基本的な8ビートとかよりダブルストロークとかいかにも上手そうに見えそうなテクニックばかり気になってしまう。ベースだってスラップと2フィンガー弾いてる時間比較したら9割スラップ弾いてるし(楽曲では逆なのに)。エレキギターも始めた頃は、ゆっくりスケール練習とかせずいきなりド派手なソロばっか練習してた気がする。でもつまらないと思いながら嫌々練習するよりは、こういうのもいいかなと思う。ただその分効率悪かったり、変なクセついちゃったり弊害もある気もするが。で、結局基本に戻ってやり直すみたいな。まあ、そこで基本から見直そうと思えるほどやる気ある楽器は遅かれ早かれ一定レベルには到達するんだろうな。

バンド系PV

バンド系のPVは、やっぱりベタなやつが好きですね。いかにもPVって感じの。「そこまで頭振りながらそのフレーズ弾けないだろ」とか突っ込み所色々あっても弾いてる姿がカッコ良ければすべて許せる気がします。

慣れ

昔は、自分のメインギターじゃないとまともに弾けなかったんだけどいつからか別に初めて手に取ったギターでも普通に一定以上の演奏はできるようになってた。というかギターの差よりストラップの長さとかの方が演奏面への影響大きいと思う。

ギターシンセ

ギターシンセってピッキング意識した方がちゃんと音出るな。