gigabeat

TOSHIBA gigabeatというのも使っていた。Uシリーズってやつ。これは、小さいけど画面がついてて当時、iPod shuffleから乗り換えたから何となく進化した気がしていた。

iPod shuffle

デジタルオーディオプレーヤーとして最初に使ったのはiPod shuffleだったと思う。
画面がないやつ。それまで持ち歩き用は、カセットテープのを使っていたので軽いし進化した気がした。

ワイヤレスイヤホン

イヤホンをBluetoothのものに変えてみました。タッチノイズがないのが快適です。これから発展していく分野なんだろうなあ。

アヒル百鬼夜行

捻れたアヒルの『アヒル百鬼夜行』というアルバムに「軽×ンザイ」という曲で参加しています。「けいばつんざい」と読みます。テーマは妖怪なのですが、実は妖怪とか民俗学は、自分が、音楽を作るうえで影響を受けているものの1つだと思っています。

MCバトル

MCバトルにおけるフリースタイルラップはギターのアドリブとかと共通するところがある気がする。やはり経験とある程度のネタのストックがある方が強い。ただ、ネタといっても事前の仕込みというよりは、体にしみついているフレーズとの多さといった感じだろうか。自然に出てくるほど馴染んだものであれば、即興でもアレンジして発展させやすいし。ネタ披露してるだけでは、勝てないし、韻踏めばよいという感じではなくてフロー含めた説得力とかも勝敗を決めるところがラップの面白い所ですね。

電脳コイル

最近のスマホの普及を見ると電脳コイルの世界観を思い出す。

Cakewalk SONAR

少し前の話になるが、SONARの販売が終了とのことで驚いた。
数年前は、Windowsで初めてDAW買うならSONARかCUBASEにしておけば間違いないみたいな風潮があってネット界隈でもかなりの数の人が使っていた気がする。
自分も「わたしかまないんだからっ!」


という曲からSONARを使い始めた。当時、オーディオインターフェイスも新しいのにしたかったためセット販売があったのが決め手だったかなあ。SONAR7。かれこれ10年とは時の流れは恐ろしい。
その後、『幻術ビニールハウス』というアルバムあたりまでSONARを使っていたんだけど何となくCUBASEの方が派手な音になる感じがしたのでCUBASEに乗り換えました。DAWで音が変わるのかというのは、結局のところよくわからないけど。