ヘッドホン

モニターヘッドホンとしてSONYのMDR-CD900ST使ってるんですが、イヤーパッドがボロボロになっていたので交換しました。この部分だけ売ってるんですね。ここ数年、スピーカーだけでミックスしてたのですが、やはりヘッドホン使った方が細かい音が聴こえます。

MMD

「オシハイ」の動画は、MMD(MikuMikuDance)を使ってみました。MMDは、「超自然に生きるアタシ」以来です。とはいえ、前回は、静止画なので使ったとはいいがたいかもしれませんね。
やはり難しくて表情とかカメラを少し変更したぐらいでほとんどモーション流し込みに近い状態になってしまいました。
ちなみにメインの動きは、BPM Sync VMD Generatorというソフトで作りました。AviUtlもそうですが、MMDもこういったソフトやモーションが色々公開されているのが、助かります。
実際に操作してみると上手い方は、レベルが違いすぎることがよく分かりました。ダンスとかドラマのような動画もありますが、どれだけ根気がいるのだろう。最近は、映像がとてもきれいでMMDと言われなければ、家庭用ゲームの一部分かと思ってしまうようなものもありますね。
素人でも少し触るだけでキャラを動かせる動画が作れてしまうこのソフトとこの時代。恐ろしい。

オシハイ

今回は、7弦ギターで解放弦使ったリフが作りたいと思ってリフから構築しました。なので少しでもリフが耳に残ってもらえると嬉しいです。

と、いつも演奏やら楽器の話ばかりなのでたまには歌詞の話でも。
歌詞は、犯罪自慢のようなものを主体にインターネット界隈のあれこれって感じで作っています。
あと歌詞に縛りを設けていまして、今回は、「かける」という言葉で作ってみました。
具体的には、「欠ける」であったり「書ける」であったり。サビまで「かける」という言葉は出てこないのですが、使っている言葉で「かける」という言葉が連想できるようにしています。「わかるだろ?」とか「ただかけたいだけ」というのは、ある意味作者の気持ちがかかってたりして。
ちなみにタイトルもネット上で自分を大きく見せるある種のキャラ作りをお芝居に例えて
オシバイ→濁点が「欠ける」→オシハイ
という流れでつけました。

過去の作品でもそうでしたが、こういうのは、ほとんど伝わらないですよね。そもそも自分も含めて音楽を聞き流す機会が増えてきているこのご時世。どこまで聴いてもらえるのだろうか。でもある日ふと違った視点で聴けるって曲、いいですよね。目指したいものです。


JKども、荒野をゆけ

「JKども、荒野をゆけ」の1巻を読んだ。「2.5次元糸あつめワールド」でイラストを描いてくれた時田さんのマンガです。なんか色々な想いが伝わってきました。それにしても日本語って面白いですね。

音楽ストリーミングサービス

音楽の聴き方も選択肢が増えてきてストリーミングサービスを使ってみました。何となく気になっているアーティストやいわゆるディグったりするには、すごく便利だけどどうしても印象に残らないというか聞き流してしまうなあ。それこそ作業用BGMという感じか。CDで買うと歌詞カードみながらとかスピーカー変えたりだとかして何回か聴くのだが、対価を払っている認識が薄いからかもしれない。
あと音楽目的でラジオ聴く時間が減った。

YouTube

YouTubeにも動画をアップしてみました。それを生業にしている人がいるようにニコニコ動画に比べてYouTubeの方が、投稿者に対して情報提供が充実している感じがします。まあ、自分のように単に動画をアップしているだけならどっちでも関係ないですけど。

サービス法師

新曲をアップしました。この曲は、ギターのコードから作っていきました。具体的にはイントロとかラップ部分のリフといいますか、コード進行から作った感じです。かなり歪ませているのでコード感は伝わらないかもしれませんが、バレーコードじゃなくて解放弦を取り入れたコードって結構メタルで増えた印象があります。
奏法、特にギターに関しては、いつも初めての試みというものを意識していて今回も一瞬だけハイブリッドピッキングの真似事のようなことしているですが、わざわざ指で弾く必要ないフレーズですし、完全に自己満足でした。
動画は、AvUtilというのを使ってみました。解説ページも多くて使いやすかったです。よくボーカロイドの動画などで見かける音声波形もみんなこのソフト使ってるんですかね。せっかくなのでこの動画でも使ってみました。
あとは、前作からDAWとかドラム音源をバージョンアップをしているので実はその辺の音も変わってます。が、これも完全に自己満足ですね。自己満足だらけなのにいつも聴いていただけて幸せです。